FC2ブログ

GEN'sログ(雑記)

イラスト&コミックのサイト「GENユニバース」の管理人GENのブログです。

あの娘と、遅刻と、勉強と 2

51VRzcHzCrL__SX350_BO1,204,203,200_2冊目が出たので読んでみました。

やっぱり面白い。
インタビュアーとしての腕が上がってる気がする。
広い意味でクリエーターがクリエーターをインタビューしてるのがいいのかもしれない。

みんな面白かったけど、特にミュージシャン相手だとより面白かったかも。
それで、みんな岡村をリスペクトしてるのが如実に判るのがまた面白いね。
年々持ち上げられてる高さが高くなってってるような気も。(笑)
それにしても、初めて知ったけど、テイトウワって、もの凄い才人なんだな。
素直にビックリした。
横山剣はもっと長く読みたかったなぁ。

あとがきで言ってたけど、
日常のどうでもいい話をするんじゃなくて、その人の特徴や強みを聞きたいっていうのは、
ホントに対談やインタビューでは聞き手として重要なことだと思う。
当たり前のことのような気がするかもしれないけど、昨今、核心に触れないインタビューの多いこと。
そういった意味では、短くても内容は充実してますよね。(正直、もっと長く読みたいけど)

で、やっぱり、常にポリコレ棒で素振りしてるような能町は面倒くさいな、と。(笑)
スポンサーサイト



テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2019/07/27(土) 12:25:44|
  2. 本、コミック感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

しあわせの理由

51Y8BNNFB7L__SX327_BO1,204,203,200_グレッグ・イーガンの短編集を読んでみました。

これは確か、ネットのまとめ記事で、読むべきSF小説として紹介されていて、
「読んでないならうらやましい、またあの経験が出来るんだから」
と最大級に薦められていたので、思わず購入。(もう1冊買ってあります)

で、難しいという前評判もあって不安だったんですが、いや、面白かったですね。
切り口とアイデアが凄い。
どれも面白かったですが、特に1つ挙げるとすれば、好みなのは「愛撫」。
読んでいる最中は、いろいろ考えさせられたんですが、(宗教観とかね)
最終的には、解説とほぼ同意見でしたね。
ゴリゴリのハードSFにもみえるけど、
最新の科学や医学を使ってでしか表現できない純文学みたいにも思えました。

また、扱うテーマがアイデンティティーの不確実性や自意識はどこにあるのか、だというので、
なるほど、自分に興味があるものと重なってるのでスンナリ読めるわけだと納得。
さらに、アイデンティティーの喪失を扱ったSFといえば、安部公房が大好きなんですが、
イーガンはJ・G・バラードが好きらしいですね。
J・G・バラードといえば、安部公房からの影響がある作家なのでなんか納得。
作品が似てるとは全然思わないけど、何かしら繋がるところがあるのかも。

テーマ:読んだ本の感想等 - ジャンル:小説・文学

  1. 2019/07/26(金) 10:22:40|
  2. 本、コミック感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モデルグラフィックス 2019年 07月号

05301.jpg『モデルグラフィックス』の特集が“スタジオぬえ”だったんで買ってみました。
だいぶ前ですが、パワードスーツ特集のときは、立ち読みだけで買わなくて、(おい!)
あとから、貴重な話が多かったんだから買っとけばよかったと思ったんで今回は。

表紙は加藤直之氏ですね。
思ったほど大特集といった感じじゃなかったですが、まあまあ楽しめました。
基本、キットが出てるもの中心なんで、自然とそういう選び方になってます。
インタビューなんかも面白く(加藤直之氏と、宮武一貴氏)、
加藤氏の、「メカをデザインするときはフォルム中心でまったく機能は考えてない」、
っていうのが意外な感じがして驚きでした。
(もちろん、必要に応じてあとから機能は考えてもらったりするそうですが)

『ガンヘッド』の頁では、当時、河森氏と監督がマニアックな設定を分かち合ってご満悦だったようですが、
自分たちだけで納得してちゃ、作品としてどうなんでしょうね、って感じが・・・・・・。
まあ、『マクロス』あたりも、素人臭さプンプンでしたが。

模型の作例では、やっぱり、パワードスーツが出色で、これ見られただけでもよかったですね。
やはり、見慣れたスケールの実物(ナットとか鉄板の滑り止めとか)が混ざってると説得力が違う。
かなりカッコ良かったです。(関節は布じゃない方が好みですが)

全体として、ぬえ知らない人の方が見る価値あるかなぁ、って感じですかね。

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2019/06/28(金) 06:28:07|
  2. 本、コミック感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カササギ殺人事件 (創元推理文庫)

26507_8.jpg珍しく、最新のミステリーを読んでみました。

あまりにも新聞の書評が激賞だったんで、アマゾンの送料の合わせで購入。
で、どうだったか・・・・・・。


凄かった。
弩級の力作。
何の情報も入れないで読むのがいちばんなんで、内容にはあえて触れませんが、
あえて言うなら完璧。

この発想は、まったく誰も思い付かないというのとは違うように思うけど、
とにかく、やろうと思うこと自体が凄い。
だって、あらゆる方面に才能が秀でていないと、まともな作品にすることすら無理だからね。
しかし、こういうタイプの作品で、この話でいう上巻にあたる部分がここまで独立して完璧なのは見たことないかも。
そういった意味では、コナン・ドイルとフレミングの両財団から公認されてる作者だからこそ実現可能だったかと。
ほかの不慣れな作家だったら、ここまでのレベルにするのに一生の仕事になって10年ぐらい掛かるんでは?
と思ったら、ホロヴィッツ自身、構想から書き始めるまでに15年(!)掛ったんだとか。
んん~~、凄すぎ。

ちなみに、少しだけ内容に触れると、

アティカス・ピュント大好き。
アラン・コンウェイ大嫌い!!

アランのクソ野郎死ねぇ、と思ってゲンナリしてたら、
そういえば、上巻の冒頭でスーザンに警告を受けてたんだっけと思い出して、
その通りでしたと脱帽。

もちろん、お勧めです。

テーマ:読んだ本の感想等 - ジャンル:小説・文学

  1. 2019/05/11(土) 06:39:23|
  2. 本、コミック感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新装版 石原豪人---「エロス」と「怪奇」を描いたイラストレーター

goujin_ishihara.jpgトンデモ児童書大全で豪人上手い!!と、火がついて即購入。(笑)

そもそも、同世代の人なら知らない人はいない程いろんなところで描いていた人なんで、
名前は知らずとも、小学生のころから絵は知ってはいました。
で、高校(デザイン系)のとき、担任が、たまたまあった本の挿絵を見て、
この石原豪人って人は凄いんだぞ、と力説。それ以来、凄い人なんだと認識。

で、改めて読んでみたら凄かったです。
すごいバイタリティー。
関わった人の印象で、現代の北斎、絵を描く怪人とか言われてましたが、ほんと、そんな感じ。
それにしても、本当に絵が上手い。ビックリするぐらいデッサン力があるし描けないものがない。
それにもまして、えらい努力家で、上手さには、才能以上に努力の裏打ちありといった感じ。
晩年まで枯れずに現役貫いてるし、好奇心旺盛だし、猛烈な妄想力。
雑誌の見開きぐらいなら一夜で描いちゃってたみたいだし、
ボールペンであたり描いて、仕上げにもポイントでボールペン使ってたとか。(晩年の描き方か?)
戦中派らしく、序盤の人生は波乱に満ちてるし、絵以外の才能もあって、
『謎とき・坊っちゃん』なる考察本出してたりする。(プレミア本)

そういった、人となりや半生を知るには、この本はうってつけかもしれないですね。
(もっと詳しい本があるかもしれませんが)
が、豪人の絵を純粋に楽しむのには、いささか食い足りない部分が多々。
まず、カラーが極端に少ない。そして版型がA5と小さい。
絵の点数も、豪人の描くジャンルが多岐にわたるんで、トータルとしては多いですが、
各ジャンルもう少しずつ欲しい感じ。
しかも、何回も新装版が出てるんですが、掲載作品は、たぶんその都度差し替えがあると思う。

まあ、安いと思うんで、石原豪人という人を初めて知るには買うのもいいんでは。
テキスト部分も読ませるもの多いですし。

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2019/05/06(月) 06:06:47|
  2. 本、コミック感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カウンター

プロフィール

GEN(ゲン)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

近況報告 (179)
買い物 (28)
ダビング (16)
イラスト&コミック (452)
ガンダム&イデオン (73)
サイボーグ009 リデザイン (12)
ベガ(幻魔) リデザイン  (57)
ダイアポロンリデザイン (6)
ゴーディアン リデザイン (46)
アンパンマン考察 (9)
キカイダー リデザイン (11)
作曲、音楽 (30)
ニュース (62)
TV、映画、DVD、CD感想 (2031)
仮面ライダー (679)
MX円谷劇場 (576)
本、コミック感想 (139)
アイドル、タレント (57)
どうでもいい話 (39)
夢、作り話 (6)
未分類 (0)

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード