FC2ブログ

GEN'sログ(雑記)

イラスト&コミックのサイト「GENユニバース」の管理人GENのブログです。

TOKYO MX 円谷劇場 「帰ってきたウルトラマン」 13話

科学特捜隊のキャップが謎の歌を朗々と歌い上げる話。

冒頭、宝石の原石を積んだ漁船の上で宴会が開かれている。
船長と思しき男が聞いたことのない言葉で歌を歌うが、この男が小林昭二、
ここでの通り名も"おやっさん”。

その後、船は唐突に船倉に穴が開き沈没、おやっさんは自分が歌っていた謎の歌に出てくる怪獣、
シーモンスを見る。
このときの、海からのぞく怪獣の頭部のアップは不気味で迫力あり。(造型はドイヒー)
10日間、ゴムボートで漂流のちMATに救出される。

責任ある立場のおやっさん、積荷もろとも船も船員も失ってしまった責任をマスコミその他に入院のさなか問い詰められる。
この辺の流れはリアル。
おやっさんは、ショックのあまり呆けてしまい、うわごとの様に「シーモンス・・・」とだけ繰り返すのみ。
娘によると昔から伝わる夫婦怪獣の片割れらしいが、誰も、MATすら信じない。
ちなみに日焼けの演出なのか、おやっさんの顔はゾンビのよう、焦げたパン粉のようなものが大量に付着している。

その後、生き残りの船員が録音していたおやっさんの歌を、MATに何かの足しにと提出。
ここで、その場でテープを聴いた隊員の岸田が「芝居用の土民の歌みたいだな」とギリなセリフを吐くのだが・・・・・・、
実はギリではなくアウトだったようで、過去の再放送ではカットだった模様。
しかも、今回のものは更にセリフが差し替えられていて(DVDか?)、もとは「南洋の土民の歌に似ているな・・・」だったらしい。
そう思って見てみると、口とセリフがあっていない。
さすがに、特定の場所を指して土民呼ばわりはマズイとみえて、少しニュアンスを弱めたのだろうと思われる。
ちなみに、「芝居用の土民の歌」はホントにあるものみたいですね。

MAT本部にテープを持ち込みコンピュータで分析、歌詞の内容が判る。(どんな仕組みかは不明)
娘の無茶な行動、歌の秘密(おやっさんが戦時中に南洋で土民に教えてもらったらしい)、更なる歌の内容(片割れの怪獣をいじめるととんでもないことがおこるとか・・・)などなどの展開があり、シーモンス東京に出現。

はじめMATは排除してしまおうとするが、郷に忠告され歌のとおりにとんでもないことになってはマズイと様子を見る。
が、どこぞの軍隊が爆破攻撃でいじめる。
シーゴラス出現。
大津波くる。
郷、不明になっていたおやっさんの娘を見つけ、津波の迫るなか小走りで駆け寄っている最中に変身。
ちなみに、変身のシークエンスが終わって最初に出てくるウルトラマンの首の皮がダブダブ。
大胆な津波の合成のオンパレードのなか仁王立ちのウルトラマン、何をするでもなく突っ立っているところでつづく。

おぉ、なんと前後編であった。
スポンサーサイト



  1. 2008/09/16(火) 06:31:54|
  2. MX円谷劇場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カウンター

プロフィール

GEN(ゲン)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

近況報告 (179)
買い物 (28)
ダビング (16)
イラスト&コミック (467)
ガンダム&イデオン (73)
サイボーグ009 リデザイン (12)
ベガ(幻魔) リデザイン  (57)
ダイアポロンリデザイン (6)
ゴーディアン リデザイン (46)
アンパンマン考察 (9)
キカイダー リデザイン (22)
作曲、音楽 (31)
ニュース (62)
TV、映画、DVD、CD感想 (2063)
仮面ライダー (700)
MX円谷劇場 (576)
本、コミック感想 (142)
アイドル、タレント (57)
どうでもいい話 (39)
夢、作り話 (6)
未分類 (0)

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード