FC2ブログ

GEN'sログ(雑記)

イラスト&コミックのサイト「GENユニバース」の管理人GENのブログです。

TOKYO MX 円谷劇場 「帰ってきたウルトラマン」 14話

シーモンス後編。

冒頭、先週仁王立ちであったウルトラマンがせまる津波に術を掛ける。
高速で回転ののち止まったポーズは"命”(byゴルゴ松本)。
そして、気功術の先生のように手をクルクルひらひら、
最後には手旗信号か応援団のような素振りを見せ、波を逆流させてしまう。

物理法則をねじ曲げるとてつもない業かと思いきや、それはウルトラバリア(バーリア)であった。
どんだけ踊らなくちゃいけないのか・・・、しかも著しく体力を奪われ、それだけで瀕死に。
相変わらず弱いぞウルトラマン。

瀕死なもんで、ここからの怪獣によるいたぶりが凄く、角でウルトラマンを跳ね上げたかと思うと、そのまま角でお手玉。
その様子はいつぞやのクリリンの如し。
たまらず変身を解いてしまうウルトラマン。

その後、怪獣に居座られている工場が自衛隊に排除を頼んで、またまたMATとぶつかる。
この怪獣は夫婦で組んでいて、メスをいじめるとオスが天変地異を起こすのでうかつに手は出せないのだ。
郷たちはとりあえず自衛隊を説得し、怪獣の行動原理を推測。
結果、郷の推理であらかた判ることに。

事故以来呆けてしまった船長は、罪を着せられ補償まで負わされそうになるが、そこは呆けてしまったのでセーフ。

その後、MATと自衛隊のいざこざが激化、失敗も重なり追い詰められるMAT。
そこで、起死回生の新レーザー兵器を2日で完成させ、いざ出陣、こうなったら天変地異を起こされるより前に倒す決意。

しかし、そこでも失敗してしまい決定打とはならなかった。
空から援護していた郷は怪獣の起こした竜巻に巻き込まれ、死に損なってウルトラマンへ。
(「お~い」フォーマットのフラグ立つ)

ウルトラマン、前回の恨みとばかりに2匹とも半殺しに。
が、倒すのではなく海へと逃がす。
情けを掛けるのもいいが、卵を産みに来てたんだから、たぶんまた来るぞ。

ちなみに、船長は娘に連れられ、ショック療法とばかりに怪獣のそばに立たされていたが、角から発された電光で目が覚め、まともにもどる。

そして、とうぜん海ではゴムボートに乗った郷が「お~~い!!」(フォーマット成立)。

そして、大団円へ。

前後編とも、話も演出も特撮も並以上。
佳作です。
小林昭二の演技が光る。
スポンサーサイト



  1. 2008/09/23(火) 06:10:29|
  2. MX円谷劇場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カウンター

プロフィール

GEN(ゲン)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

近況報告 (179)
買い物 (28)
ダビング (16)
イラスト&コミック (467)
ガンダム&イデオン (73)
サイボーグ009 リデザイン (12)
ベガ(幻魔) リデザイン  (57)
ダイアポロンリデザイン (6)
ゴーディアン リデザイン (46)
アンパンマン考察 (9)
キカイダー リデザイン (22)
作曲、音楽 (31)
ニュース (62)
TV、映画、DVD、CD感想 (2063)
仮面ライダー (700)
MX円谷劇場 (576)
本、コミック感想 (142)
アイドル、タレント (57)
どうでもいい話 (39)
夢、作り話 (6)
未分類 (0)

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード