FC2ブログ

GEN'sログ(雑記)

イラスト&コミックのサイト「GENユニバース」の管理人GENのブログです。

TOKYO MX 円谷劇場 「ウルトラマンタロウ デジタルリマスター版」 5話

タロウとセブンがウルトラの星という名の彼岸に亀を旅立たせる話。

<主な登場人物>
■ZAT極東支部メンバー
東光太郎(篠田三郎):本作主人公。勇気と行動力と子供好きが講じてZATへ横入り後、死に損なって日本名の宇宙人と合体。とにかく好青年の22歳。女性にはイタリア人なみにストレートにアピールする男。
朝日奈勇太郎(名古屋章):ZAT極東支部隊長。光太郎をスカウトした張本人。白鳥船長とは友人。ユーモアと洞察力を兼ね備えてはいるが、重い出社拒否症。内職が忙しい42歳。
荒垣修平(東野孝彦):出て来ない隊長の代わりに指揮をとる実質隊長の副隊長。鷹揚で人望が厚い大食漢の29歳。
北島哲也(津村秀祐):情報分析および兵器開発担当。つりキチ○○の27歳。
南原忠男(木村豊幸):操縦、射撃はお手の物。根っから明るい宮崎出身22歳。
西田次郎(三ツ木清隆):放電好きの光太郎の弟分。隊では先輩だが、年は光太郎より下の19歳。
森山いずみ(松谷紀代子):通信担当で戦闘も得意。家事も出来ちゃう気の利く18歳。
■白鳥家
白鳥潔(中村竹弥):大型タンカー船長。日本帰国時に光太郎を乗せた縁で下宿させる。妻とは死別。ご先祖が隠密支配だったかは不明。
白鳥さおり(あさかまゆみ):白鳥家長女。亡き母の代わりに家を切り盛りする。出来のよい18歳。
白鳥健一(斎藤信也):白鳥家長男。明朗快活で行動派。光太郎とタロウに憧れている小学5年。


先週の続き。亀にやられたタロウは土遁の術で逐電。ジンマシン興行師の残りはサクッと死亡。とりあえず現場を放棄したZATは、本部でさおり差し入れのおにぎりで一息。さおりと東の仲を冷やかしつつ談笑。結果としてオロン島に亀を帰すため、卵をバスケットに入れ運びやすくする作戦を思い付く。が、そこへ参謀とスミス長官が現れ、長官の出身国の意向(軍事的に邪魔)で亀排除の命令が下る。「保護する」と食い下がるZATに「アレだけ大きければ怪獣だ」「どうせ畜生だ一思いにやれ」と強要する2人。最終的に言うことは聞かず、責任を負わされることになるZAT。今後起きる亀関係の事故全ての責任がZATのせいになるのだが、事の重大さに気付いていないのか、隊長以下全員、亀を島に帰すことしか考えていない。
卵が持てない亀のために卵をバスケットに入れてやるが、バカすぎて咥えることさえ出来ないので、スカイホエールで運搬。初めからこうすればいいようなものだが、とりあえずオロン島へGO。無事到着するや否やスミスの国の軍艦が大挙して現れ砲弾の雨あられ、東の絶叫もむなしく亀たちは爆煙の中に姿を消す。と、同時に珍事が起こり島も海底に姿を消す。ちなみに、雌亀はよほど動転したのか、さっきまであれほど拒否していたのに卵を1つ口に咥える。
日本に戻った東は非番なのかしょぼくれて私服で散歩。家に戻ると白鳥姉弟から「亀助けてくれてありがとう」と祝福。よく聞くと朝加真由美より健一の方が演技が上手い。のち、ZATより亀が舞い戻ったとの一報が入る。
もともと大暴れしていたと思うが、「頭に傷を負ったから怪獣化した」と責任転嫁する東とZAT。そもそも責任はZATが取ることになっているのだが、「しばらく様子を見る」と約束を反故にする隊長。次々と建物が破壊されていくと、もはやこれまでと「出動」を命じる。それでも諦めきれない東は蒼白顔で「隊長・・・」
出撃したZATが苦戦するとタロウ登場。ストリウム光線を見舞うと雌亀は口から卵を吐き出し絶命。今度は雄亀が子亀を連れて抵抗。タロウが躊躇していると、雄亀が角から謎の怪光線を放ち、子亀を親の80%ぐらいにリサイズ。困り果てたタロウが苦肉の策で雌亀の遺骸を担いで飛び去ると、続こうとする雄亀に飛べない子亀がお荷物に・・・。すると、どこからともなくセブンが飛んで来て子亀を連れ去る。そのまま亀を宇宙に放出するウルトラ兄弟。あっという間に戻ってきた東が、土手で心配する白鳥姉弟のところへ「宇宙へ行ったんだよ」と駆けつけ、亀の親子が見えると健一が嘘をついてEND。


よく判らないことが多すぎて付いて行けない。
ZATの行動もメチャクチャだが、亀の生態はもっとメチャクチャ。
ウルトラたちが、亀が宇宙では生きて行けないことを知らなかったのは大目に見るとしても、ほかの星に連れてくのは拷問かと。それと、母亀はどうして生き返った!?

ストーリー的には、スミス長官たちがエゴから動物を殺そうとしているのを止めさせたいけど街も危険で板ばさみ、みたいな感じだろうが、ここは即亀退治の一択だったと思う。ZATには職務に忠実であってほしい。亀助けるために東京を灰にしてる場合ではない。

そういうわけで、見るべき所は、ラストの朝加真由美のふとももぐらいか。
朝加真由美といえば、予告で何回殴られるんだよ。
いろんな意味で次回楽しみだな。
スポンサーサイト



  1. 2014/01/13(月) 05:36:10|
  2. MX円谷劇場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カウンター

プロフィール

GEN(ゲン)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

近況報告 (179)
買い物 (28)
ダビング (16)
イラスト&コミック (457)
ガンダム&イデオン (73)
サイボーグ009 リデザイン (12)
ベガ(幻魔) リデザイン  (57)
ダイアポロンリデザイン (6)
ゴーディアン リデザイン (46)
アンパンマン考察 (9)
キカイダー リデザイン (14)
作曲、音楽 (30)
ニュース (62)
TV、映画、DVD、CD感想 (2042)
仮面ライダー (686)
MX円谷劇場 (576)
本、コミック感想 (140)
アイドル、タレント (57)
どうでもいい話 (39)
夢、作り話 (6)
未分類 (0)

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード