FC2ブログ

GEN'sログ(雑記)

イラスト&コミックのサイト「GENユニバース」の管理人GENのブログです。

TOKYO MX 円谷劇場 「ウルトラマン (デジタルリマスター版)」 2話

防衛隊が都内で核ミサイルを撃つ話。

<主な登場人物>
■科学特捜隊メンバー
ハヤタ(黒部進):本作主人公。異星人と衝突、死んだのち異星人と一心同体となり復活。マジメで実質の副隊長。無闇に顔の濃い25歳。
ムラマツ(小林昭二):科学特捜隊日本支部ムラマツ班隊長で、通称「キャップ」。謹厳実直の慎重派だが、ときに冷徹な面もある36歳。
アラシ(石井伊吉):射撃の名手にして力持ち。常に危険の矢面に立たされるアンビバレントな26歳。
イデ(二瓶正也):武器開発担当の化学ヲタ。ムードメーカーに徹するがメンタルは弱い24歳。
フジ・アキコ(桜井浩子):科特隊の紅一点。主に通信担当。宇宙人難の相がある若干ウーマンリブ思想かぶれの21歳。
岩本博士(科学センター所属)(平田昭彦):武器開発に従事するナイスミドル。
■一般人
ホシノ・イサム(津沢彰秀):科特隊に出入り自由の謎の子供。いざとなれば殺しも辞さない11歳。


冒頭、なんとなくバドミントンのシャトルコックに見える部品の付いた、ペーパークラフトチックな科特隊本部からスタート。

各自仕事に集中しているが、なんとなくのどかな雰囲気。イデに電話が掛かってくると、振り向いた顔にはパンダのような青タンが右の目に。
電話が済んで颯爽と歩いていると、今度はおもむろにカメラに向き直り「こりゃどうも」「そんなに目立ちます?」と視聴者に向かって掟破りの直接会話。その奥目で照れてる感じは、なんとなく甲本雅裕似。
ついでにフジ隊員までメタ演出に付き合って、青タンが出来た理由を「話は今から38時間前」と説明し始める と、物語は38時間巻き戻る。

38時間前の深夜。当直なのかイデとアラシは二段ベッドで休息中。アラシは大イビキだがイデは神経をすり減らし、羊を1万2千5百20匹あたりまで数え続けて不眠中。そうこうしていると甲高い汽笛のような独特のサイレンが鳴り響き、集合するため無理矢理起床となる。

本部ではすでにハヤタ以外が待っており、キャップの説明では、強烈な電波を発する物体が都内上空で消えたとの情報が防衛隊から入ったとのこと。
パトロール中だったハヤタは急遽防衛隊へと急行する。

防衛隊基地の電子頭脳によると、怪電波の消えた地点は科学センターのある御殿山。東京のど真ん中らしい。

さっそくアラシに出動命令が下るが、キャップからはそれとなく履いているのがスリッパだ、とたしなめられ大慌て。イデは集合が遅いとアラシにハッパ掛けられていた手前、それ見て大笑い。キャップは厭味を言うでもなく「常に冷静に」とあくまでマジメに忠告。
からかい過ぎたイデはアラシにしたたか足を踏まれる。

アラシが車を出すと外はいつの間にか日が出ている。その間マッハ5の火の玉目撃情報も羽田から入る。

気合を入れ直すためにアラシが手放し運転をしていると、背後から「アラシさ~ん」と謎の子供の声。
ミラー越しに確認すると、そこには謎の子供イサム・ホシノが・・・。
したり顔で笑いかけるイサム・ホシノは「張り切るのは結構だけど、手放し運転は困るなぁ~」とニヤリ。
「どうして・・・」とアラシが色々聞きただしそうになると、早回りして「いいってこと」「気にしない、気にしない」と牽制。大人をいいように振り回して楽しむ。

科学センターに着くと、うるさいイサム・ホシノは連絡係という体で車に閉じ込め、アラシ単独で潜入。科学センターの建物は敷地もビルも内装も意外にモダン。

アラシがエントランスに入ると唐突に電話が鳴っており、出ようとすると、すでに出掛かってる守衛のおっさんが緑に光って静止中。凝然とするアラシ。照明を使っただけの演出だが見せ方が上手くSFチックな効果大。
その後アラシのタイピンが光り、異常な電波が出ていることが判る。

慎重に階段を上って行くアラシ。
何階か上ると背後から音がし、振り向くと大バサミが両手に付いた昆虫のような等身大の怪物が立っている。
慌ててスーパーガンを構えるがすぐにフッと消え、正面に向き直るとまたハサミの怪物。
絶叫したアラシは、赤い光線を浴びせられ悶絶すると叫び途中のアホ面で硬直。
2体いたように思った怪物は頷き合うと重なり合い、1体の怪物になる。左右に揺れながら回転する目が不気味。

科学センターにハヤタと防衛隊が到着すると、謎の子供イサム・ホシノはフジ隊員の執拗な連絡の要求に閉口の真っ最中。ハヤタに事情を訴えるが適当にあしらわれる。そののちフジにも再度やり込められ腐るイサム・ホシノ。

そこここに固まった人が散在し、彫刻の森のようになってしまった科学センター。防衛隊から来た小銃を持った隊員たちが捜索し回るが、怪物は巧みに姿を消して逃れている。ちなみに赤い柱からオーバーラップしてバルタンが現れるとき、背後の時計は10分ほど進む。
防衛隊隊員たちもことごとく光線を浴びせられると静止し、生きた彫刻と化す。

ハヤタが階段を調べていると、上の方には緑の光線を浴びるアラシが「何だこれは!?」と言ってる岡本太郎みたいなポーズで硬直中。すかさず怪物も現れるが、ハヤタがスーパーガンで応戦しても効き目なしで高笑い。
歯が立たないと見たハヤタは睨みながら冷静にイサム・ホシノに一旦退却の報告を入れる。

なにやらトンでもない事態になってしまい、防衛会議を開く首脳陣。
偉そうな20人ばかりのご老人方はかなりのタカ派らしく、キャップが「話し合いを」と提案するのも鼻であしらい、核ミサイルをブチ込むと物騒なことを口にする。
が、結局敵の居場所も母船の位置も判らないため、最終的には消去法でキャップの“話し合い”が採用となる。

本部では、話し合い作戦を任命されたイデが自称得意の宇宙語を「キレキレテ・・・」と披露。自信タップリのイデに、まだ居るイサム・ホシノも上機嫌で見送る。

一方、「話し合いなど降伏も同じ」という防衛隊は、やはり最新兵器、核ミサイル“ハゲタカ”を準備するという二枚舌戦法を発動。全く異星人と相容れる気などない様子。

自信があったのは科特隊を出るまでだったイデは、付き添いのハヤタを前にして入口でウロウロ、オロオロ。
何度も作戦を確認しては、結局ハヤタにも来てもらう。ハヤタはウルトラマンと融合しているためか、全く動じる気配もないのが頼もしさを通り越してふてぶてしいほど。

最終的にはスパイダー抱えて1人で奥に進むイデ。鏡や生きた彫刻に驚いたりしつつ、宇宙語で対話開始。
ほどなく怪物は現れ、周囲を分身しながら行進。イデ話し掛けに集中するが発狂寸前でメロメロ。1体になった怪物に促されるように屋上まで連れて行かれると、そこにはロボットのようになった感情のないアラシが、モヤサマのショウ君(音声合成ソフトのナレーター)ライクな抑揚のない声で「君の宇宙語は判りにくい」とピシャリ。
要はイデと話すためにアラシの脳を拝借した形。

本格的に話し合うため腹に力を込めようとするイデだったが、もはや震えは止まらず。
そこへイデの肩を叩いてふてぶてハヤタが登場。イデ、文字通り肩の荷が下り、気が抜ける。

ハヤタ躊躇なく目的を訊くと、母星のバルタンは発狂した科学者の核実験で爆発。旅行中で帰る場所のなくなった同星人が宇宙船修理のため立ち寄ったとのこと。
しかし、地球が気に入ったバルタン星人たちはココに住むことにすると言い出す。
本部で通信を聞いているイサム・ホシノとフジ隊員は「なんてずうずうしい!!」とむかっ腹を立てるが、意外にもハヤタは半分宇宙人だからなのか「いいでしょう」と答える。もちろん地球の法律を守り地球人と同化するならば、との条件を付けるが・・・。
そして、バルタンの総数を尋ねると、母船にバクテリア大の大きさで20億3千万ほど眠っていると平然と答える。
すべてがノーマルサイズになれば地上に人間の住む場所はない。それを判っていてバルタンは地球を渡せと暗に言っていたのだ。

ハヤタが「火星にでも住め」と提案すると「火星にはXXXXXXがある」とアラシの発声を止め、すんでで苦手な物質が漏れるのを防ぐ。
イデが悔しがっていると、アラシは「我々は地球を貰う」といい、そのまま白目を剥いて昏倒。
同時にバルタンが現れ、ハヤタはとっさに影に向かってナイフ(科特隊の流星マーク型)を投げる。
ナイフが壁に刺さると壁からは血が・・・。

スパイダーで追撃しようとするイデをハヤタが制止すると、ビルの向こう側から発光現象とともに巨大になっていくバルタンが出現。
夜のビル街にフラッシュを浴びながら巨大な星人が現れるシーン全体が、上手い合成ショットもあいまって鮮烈で強烈にワンダー。

巨大なハサミを振るわれ散り々に逃げる隊員たち。ハヤタもハサミに吹き飛ばされ、ベータカプセルを屋上のへりに落として気絶してしまう。

防衛隊はそら見たことかと“ハゲタカ”を都内で乱射。核攻撃をバルタンに加える。
直撃を受けたバルタンは一旦倒れるが、分身から脱皮するように2体に分かれて起き上がると平気で反撃。
ハサミから出たミサイル状のもので都内は火の海となる。

気が付いたハヤタは、仰向けのまま後ろ手でカプセルを取ろうとして失敗。そのままビルから落っことしてしまう。覗くとかなり下の窓枠に乗っており地面にまでは落ちていなかった。それを見て人相が悪くなるハヤタ。

本部ではのん気にキャップとフジと子供で歓談。どうやらキャップの考えでは、火星にあるバルタンが嫌いな物質はスペシウムに違いなく、しかも、火星まで行かなくとも「ヤツがいればあるいは・・・」らしい。

科学センター屋上では、ハヤタがカプセルを取るため決死のダイブの挑戦を決める。
「あ゛あ゛あ゛あ゛ぁぁぁぁ~~~~~!!!!」と絶叫すると、まるで覚悟の自殺のようにまっ逆さまにダイブ。イデは死ぬほどビックリ。

ハヤタは決死のダイブのおかげもあって、めでたくキャッチ&変身。
闇夜にウルトラマン登場。細身のシルエットがなによりカッコいい。

ここからは、バルタンとの高速空中戦。ドッグファイトよろしく後ろの取り合いをしていると、それたビームやミサイルで東京は余計に被害が増す。

ひとしきり飛び終わるとマンはスッと地上に降り、煌々と光るツリ目で上空を窺うとサッと腕をクロスさせスペシウム光線をバルタンに浴びせる。燃えながらひしゃげて落ちるバルタン。モニターを見ながら、あの光線がやはりスペシウムだったと納得する3人。

なおも夜空を睨み続けるウルトラマン。両目から光線を出し宇宙空間まで見通すと、そこにはバルタンの宇宙船が。
飛び立ち宇宙船を掴むとそのまま彼方へ。

絵のような朝焼けの向こうで大爆発が起こり、だいぶ遅れて爆発音がかすかに響く。

本部では身体を乗っ取られていたアラシがしきりに伸びをし、イデがハヤタをウルトラマンでは、と疑い(全力で否定)。さらに青タンの秘密を明かす。

事件後アラシもイデもベッドに入ったのだが、大役解放の安堵からか、今度はイデが大イビキ。アラシが不眠状態でたまらず殴ったのかと思いきや、イデが勝手に2段ベッドの上から落ちたのだった。

最後もイデがカメラ目線で「ねっ」と視聴者に訴えかけてEND。



バルタン星人初登場で、イデの人柄がよく出た回。
とにかくナイトシーンでの星人、ウルトラマンがカッコよすぎ。
顔まで細身のAタイプのマスクは表情もあって非常にいい感じ。

話はオーソドックスな宇宙人侵略もので人間の乗っ取りもベーシックな感じ。
その中において、防衛隊の存在が科特隊を含む防衛組織の大きさを感じさせてよかったなと思いますが、やっぱりかなりのタカ派ですね。
しかし、この時代日本が核武装してるだけじゃなくて、都内で撃っちゃうって凄いな。
放射能より、強力な武装の方を重視してるんだろうね、単純に。

あとは、ここまで本格的な空中戦は意外と少ないかなとか、はやくも正体がバレかけたとか、メタ演出が面白いとかですかね。アニメとかでも古いギャグ作品とかだとこういう演出あったりしますよね。(関係ないですが、マーブルの『デッドプール』(スパイダーマン似のやつね)って、こういうコッチ向いて話すキャラらしいですね)

あっ、効果音はやっぱり気になりますね。
防衛隊の靴音とか凄い浮いてました。何でだろう。
スポンサーサイト



  1. 2012/05/28(月) 07:52:08|
  2. MX円谷劇場
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<リーガルハイ | ホーム | 仮面ライダーフォーゼ 第37話>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gen68.blog12.fc2.com/tb.php/1451-7039c566
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【TOKYO MX 円谷劇場 「ウルトラマン (デジタルリマスター版)」 2話】

防衛隊が都内で核ミサイルを撃つ話。<主な登場人物>■科学特捜隊メンバーハヤタ(黒部進):本作主人公。異星人と衝突、死んだのち異星人と一心同体となり復活。マジメで実質の副...
  1. 2012/05/28(月) 20:14:06 |
  2. まとめwoネタ速neo

カウンター

プロフィール

GEN(ゲン)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

近況報告 (179)
買い物 (28)
ダビング (16)
イラスト&コミック (457)
ガンダム&イデオン (73)
サイボーグ009 リデザイン (12)
ベガ(幻魔) リデザイン  (57)
ダイアポロンリデザイン (6)
ゴーディアン リデザイン (46)
アンパンマン考察 (9)
キカイダー リデザイン (14)
作曲、音楽 (30)
ニュース (62)
TV、映画、DVD、CD感想 (2042)
仮面ライダー (686)
MX円谷劇場 (576)
本、コミック感想 (140)
アイドル、タレント (57)
どうでもいい話 (39)
夢、作り話 (6)
未分類 (0)

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード