FC2ブログ

GEN'sログ(雑記)

イラスト&コミックのサイト「GENユニバース」の管理人GENのブログです。

TOKYO MX 円谷劇場 「ウルトラマンタロウ デジタルリマスター版」 21話

タロウがセミを宇宙という彼岸に旅立たせる話。

<主な登場人物>
■ ZAT極東支部メンバー
東光太郎(篠田三郎):本作主人公。勇気と行動力と子供好きが講じてZATへ横入り後、死に損なって日本名の宇宙人と合体。とにかく好青年の22歳。女性にはイタリア人なみにストレートにアピールする男。
朝日奈勇太郎(名古屋章):ZAT極東支部隊長。光太郎をスカウトした張本人。白鳥船長とは友人。ユーモアと洞察力を兼ね備えてはいるが、重い出社拒否症。内職が忙しい42歳。
荒垣修平(東野孝彦):出て来ない隊長の代わりに指揮をとる実質隊長の副隊長。鷹揚で人望が厚い大食漢の29歳。攻めてるファッションのダンディーじゃがいも。
北島哲也(津村秀祐):情報分析および兵器開発担当。つりキチ○○の27歳。
南原忠男(木村豊幸):操縦、射撃はお手の物。根っから明るい宮崎出身22歳。口のあたりがアナゴさん。
西田次郎(三ツ木清隆):放電好きの光太郎の弟分。隊では先輩だが、年は光太郎より下の19歳。8話で宇宙ステーションV9に飛ばされる。
上野孝(西島明彦):8話より突然赴任。18歳の最年少。長髪のイケメン。
森山いずみ(松谷紀代子):通信担当で戦闘も得意。家事も出来ちゃう気の利く18歳。
■ 白鳥家
白鳥潔(中村竹弥):大型タンカー船長。日本帰国時に光太郎を乗せた縁で下宿させる。妻とは死別。ご先祖が隠密支配だったかは不明。
白鳥さおり(朝加真由美、小野恵子):白鳥家長女。亡き母の代わりに家を切り盛りする。出来のよい18歳。20話より別人のようになる。
白鳥健一(斎藤信也):白鳥家長男。明朗快活で行動派。光太郎とタロウに憧れている小学5年。


 またしても暇を持て余している東は、健一と連れ立って東京郊外にセミ取りに向かうが、かつての武蔵野の森は大規模な団地群と化しており、虫1匹見当たらず。 が、なにゆえか「下水からセミの声がする」と、鉄格子を外していると健一の元クラスメイトの虫博士。 団地が当たったんでアパートから引っ越したという虫博士は、「そんなところにセミはいない」と虫かごのセミを見せる。東らは、虫かごのセミが鳴いていたのかと、自ら納得するが、博士のセミはスーパーで買ったのだという。 東は唖然とするが、健一は買って帰ろうと目の色を変える。
 結局、お小遣いをはたいて、大量のセミを購入した健一は、それらを部屋に放し鳴き放題にする。 さすがにうるさく、風流も何もあったもんじゃないと東。すっかり別人になって、エロスのベクトルが違った方向に向かっているさおりも「勉強が出来ない」と殺虫剤でセミを容赦なく殺しに掛かる。「金払ってんだからやめろ!!」と目を吊り上げる健一に、動ぜず薬剤を噴霧するさおり。ボトボトと落ちるセミに、慌てて、東が、泣いて抗議する健一の味方に割って入って、さおりは中止するが、顔はどんより。
 一方、虫博士の団地でもセミがうるさいと、母親の楠トシエがプンプン。だいぶ年配の母親だが、オシメをしてる赤ん坊がおり、セミを邪険に扱うが、理論的な口答えで攻める博士に丸め込まれてしまう。
 ZAT本部でも虫の話題で持ちきり。異常気象、失われる自然、その他を思いおもいに話し合う。
その後、東京郊外の団地で異常振動をキャッチすると出動となる。
 地盤沈下の様相で1棟ずつ丸ごと地面に沈んでいく団地。オープンで撮ったかのようなミニチュア撮影が素晴らしい。
逃げ惑う住民のなかに分け入っていくZAT。虫博士親子も、赤ん坊をカートに入れて避難中。が、博士は「セミを忘れた」と、ひとり戻ってしまう。東は、事情を聞いて必ず助けることを誓い、今崩れ落ちんとしている団地の中へ走る。
かしいだ団地の中では、意に介していない博士が余裕で探検中。東が強引に避難を促すと、壁から巨大な昆虫の脚が出てきて襲われる。東の気転で助かるが、団地の地下には巨大な何かが潜んでいたのだった。
 地下に怪獣が潜んでいることで意見が一致したZAT。そこに「あれは巨大なセミで怪獣じゃない」と意見する博士。「団地が出来たんで出られなくなったんだ」と熱弁をふるう。荒垣はとりあえず地中から出すことを決め、地表を引っぺがす作戦に出る。
ホエールで地表を持ち上げると、なんと中では羽化寸前のの巨大なセミ。無防備な今攻撃だとZATが動き出すと、「やめてくれぇ!! あれはセミだよぉ!!」と虫博士。「1週間で死んでしまうんだから、何も殺さなくても」と懇願する博士に、今も団地が壊され続けているが、いい顔をしてしまうZATは、倒壊していない団地の間に巨大な蚊帳状のネットを被せ、セミを虫かごに閉じ込めたようにする。(まったく閉じ込めてる感じがしないが・・・)
 住民より子供の意見を重視し、このままの状態で死ぬのを待つことにするZAT。が、深夜にも拘らず大音量でセミが鳴き出すので、住民が怒り出し暴動が起こり、セミは焼き討ちされてしまう。その結果、飛んで逃げたセミにムース状のおしっこを掛けられる住民。
 その後、東京タワーにとまり鳴き続けるセミ。民衆の怒りに押されて警官がセミに向かって発砲すると、セミは東京を攻撃し始める。『タロウ』では、ほぼ百パー怪獣が火を吐くのに習いこのセミも火炎攻撃。あっという間に、火の海と化す東京。
結局、大激闘となってしまうZATとセミ。それでも「やめてくれぇ!!」と喚き続ける、シーシェパード並みに強い意志を持つ虫博士。もう、どうしようもないんで東変身。とりあえず、お約束の蛮行をするため、セミの口吻を手刀で叩き折りバイオレンスな一面を見せつけると、子供たちの「殺すな」に促され、痛みにのたうつセミを抱え上げ、そのまま宇宙へ。
旦那のナレーションでは「宇宙ゼミになった」とうそぶいているが、到底生きていられるはずもないことは明白。
 その後、東、健一、博士が、どこぞの森に飼っていたセミを放してEND。


根本的に話が間違ってる。
特定の動物にのみ優しさを見せるのがZATの仕事ではないはず。
あそこの団地の住民の蔑ろの度合いは、深夜の暴動を見れば判ろうというもの。
せめて、殺したくないんだったら、奥深い山にでも移動させるぐらいのことは考えて欲しい。

こういう話が多いから『巨獣の街』書いたんだからね。

それに、宇宙に放り出すのは解決に全然なってない。
宇宙空間に出たら即死だから、地上で殺してるのと変わりないけど、仮に生きてたとしたら、何処にも行けず、帰るところもなく、一生、死ぬまでひとりだぞ。死なせてやるのが優しさじゃないのか?

まっ、一種のメルヘンだから、こんなにマジメに意見することないんだけども。

団地の特撮は久々にいい感じでしたけど。

ちなみに、セミの一生で、成虫で1週間しか生きられないのを可哀想と思うのは、擬人化して捉えているからであって、地中での生活が本来の姿だと思えば、あまり可哀想でもない。かなり長生きな虫だし。
スポンサーサイト



  1. 2014/05/19(月) 04:05:22|
  2. MX円谷劇場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<烈車戦隊トッキュウジャー 第14駅 | ホーム | 仮面ライダー鎧武 第30話>>

コメント

特殊技術のクレジットに驚きました。山際永三監督ではないですか! 本編のレギュラー監督が特撮のみを担当するなんて珍しいのでは? 調べてみたら前回もそうだったんですね。
  1. 2014/05/19(月) 22:59:52 |
  2. URL |
  3. Kei #u/iAkt.g
  4. [ 編集 ]

ああ、そういうことがあったんですね。

話はう~んでしたが、ミニチュア撮影の部分はライティングが自然で好印象でした。

『タロウ』あたりになると、闘いやすいように、都心の真ん中に謎の広場が出現して、ビルの間を縫って闘うようなことが少なかった気がします。
こういうシーンは貴重かもしれませんね。
  1. 2014/05/20(火) 04:33:27 |
  2. URL |
  3. GEN #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gen68.blog12.fc2.com/tb.php/1865-c5bbef74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

GEN(ゲン)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

近況報告 (179)
買い物 (28)
ダビング (16)
イラスト&コミック (467)
ガンダム&イデオン (73)
サイボーグ009 リデザイン (12)
ベガ(幻魔) リデザイン  (57)
ダイアポロンリデザイン (6)
ゴーディアン リデザイン (46)
アンパンマン考察 (9)
キカイダー リデザイン (22)
作曲、音楽 (31)
ニュース (62)
TV、映画、DVD、CD感想 (2063)
仮面ライダー (700)
MX円谷劇場 (576)
本、コミック感想 (142)
アイドル、タレント (57)
どうでもいい話 (39)
夢、作り話 (6)
未分類 (0)

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード