FC2ブログ

GEN'sログ(雑記)

イラスト&コミックのサイト「GENユニバース」の管理人GENのブログです。

TOKYO MX 円谷劇場 「ウルトラマンタロウ デジタルリマスター版」 51話

東が年配の女性に変身をジャマされる話。

<主な登場人物>
■ ZAT極東支部メンバー
東光太郎(篠田三郎):本作主人公。勇気と行動力と子供好きが講じてZATへ横入り後、死に損なって日本名の宇宙人と合体。とにかく好青年の22歳。女性にはイタリア人なみにストレートにアピールする男。
朝日奈勇太郎(名古屋章):ZAT極東支部隊長。光太郎をスカウトした張本人。白鳥船長とは友人。ユーモアと洞察力を兼ね備えてはいるが、重い出社拒否症。内職が忙しい42歳。
荒垣修平(東野孝彦):出て来ない隊長の代わりに指揮をとる実質隊長の副隊長。鷹揚で人望が厚い大食漢の29歳。攻めてるファッションのダンディーじゃがいも。49話にて変声期を迎える。50話で宇宙ステーションに左遷。
二谷一美(三谷昇):新垣の代わりに突如現れた新副隊長。パッと見、採用を疑うレベルの容姿。
北島哲也(津村秀祐):情報分析および兵器開発担当。つりキチ○○の27歳。
南原忠男(木村豊幸):操縦、射撃はお手の物。根っから明るい宮崎出身22歳。口のあたりがアナゴさん。
西田次郎(三ツ木清隆):放電好きの光太郎の弟分。隊では先輩だが、年は光太郎より下の19歳。8話で宇宙ステーションV9に飛ばされる。
上野孝(西島明彦):8話より突然赴任。18歳の最年少。長髪のイケメン。先祖が忍者の可能性あり。35話あたりで突然失踪。
森山いずみ(松谷紀代子):通信担当で戦闘も得意。家事も出来ちゃう気の利く18歳。
■ 白鳥家
白鳥潔(中村竹弥):大型タンカー船長。日本帰国時に光太郎を乗せた縁で下宿させる。妻とは死別。ご先祖が隠密支配だったかは不明。
白鳥さおり(朝加真由美、小野恵子):白鳥家長女。亡き母の代わりに家を切り盛りする。出来のよい18歳。20話より別人のようになる。
白鳥健一(斎藤信也):白鳥家長男。明朗快活で行動派。光太郎とタロウに憧れている小学5年。


 都内某所に、目の死んだ一本角怪獣が現れ、東と南原の乗ったスワローが食われ死に損なう。 東の自爆案を南原も受け入れ、自殺という最後の賭けに出るが、当然、東はタロウになり南原も救出。 後は、気違いのように暴れる(by名古屋章)死んだ目怪獣の頸をタロウがバッスリ落とし惨殺。 頸と胴体が泣き別れた怪獣は都心に置き去りにされ、さしずめ獄門晒し首。
 基地に帰ると、ZATの制服を着込んだ怪しい風体の男が侵入に成功しており、一同騒然。 が、ひっっさしぶりに顔を出した隊長により、英心こと荒垣が左遷され、後任がこのルンペンスタイルの男なのだというびっくりリーク。
一方、南原は、田舎から母親が、破壊王、橋本真也似の幼なじみのいいなずけを連れてきて結婚しろと迫られる。 その長髪の橋本真也こと珠ちゃんは、これ以上ないほどパッツンパッツンの笑顔で恥ずかしげ、父親が亡くなったというので、約束を果たすため上京したのだと母親はいう。 突然のことに、南原が適当に突っぱねると「一日だけ待つ」と憤慨しながら出て行ってしまう。
 翌日、コッソリとデートする南原と珠ちゃん。 南原は正直に、ZATは危険で命がけ、昨日もタロウに助けられなかったら死んでいたと、断る理由が嫌いだからではないと説明。 珠ちゃんの方も実は納得しており、怪獣の晒し首見物して帰ると行ってしまう。
晴天の小春日和のなか、大勢の群集と一緒にわきあいあいと怪獣の斬首死体見物する南原の母と珠ちゃん。 ニッコニコのウッキウキでZATの評判に聞き入る母の目の前で、目が光り、頸が繋がる怪獣。 パニックに陥る都心。 ZATも出動し即座に応戦態勢。 が、南原の母の足が遅く、珠ちゃんに担がれるもビルに取り残され、非常にジャマな存在に。 南原の活躍もあり、2人の救出には成功するが、怪獣が無闇に暴れ、珠ちゃんに巨大なコンクリブロックが落ち、あっけなく絶命。 東、見かねて変身ポーズをとるが、南原母に「珠ちゃんが大変なんじゃ、早く病院へ!!」とすがり付かれ変身出来ず。 「おばさんは向こうで待っててください」という、東の「空気読め」という暗黙の促しにも「なぁんばいうとるんじゃ!!!!」と必死の抵抗で食い下がる。 東が「クッソこのばばあジャマしやがって」と、篠田三郎らしからぬ表情で眉間にシワを寄せていると怪獣が迫り、もうダメかと思った瞬間、空が光ると、なにゆえか孔雀の羽根を持ったウルトラの父が唐突に出現。 視聴者を凍りつかせる。
 父が投げた羽根が怪獣に突き刺さると火花が出て怪獣即死。 その代わり、珠ちゃんはZATの仕事がことのほか危険だと知ると本格的に死亡してしまう。 南原の嫁さんになれなかったことを悔やんで死んでいった珠ちゃんに、「嫁さんだよ」とOKを出すが時すでに遅し。 東は、「やるのは怪獣倒すことじゃなくて、珠ちゃん助けることだろ」と父に恨みの念を送る。 すると、得意の命の大安売りがスタートし珠ちゃん復活。 南原「あっ、生き返った!!」
 その後、仏前でホントに結婚式を挙げてしまう南原と珠ちゃん。 南原が早くも嫁さんの尻に敷かれる将来が見透かされると大団円でEND。



酷いご都合主義の話だったが、メチャクチャ過ぎてなんとなく面白く感じてしまった。

南原結婚の話に素直にすればいいのに、父いる?
珠ちゃん殺さなくてもいいんじゃない?

それとは別に、殺された怪獣に見物客が群がるって、別にいいけど、江戸時代か中世ヨーロッパかって感じ。
リアルっちゃ、リアルな表現だけど。 『タロウ』でそれやるかね。

新任の副隊長のキャスティングには少々疑問があるな。
誰も空いてなかったのかよスケジュール。
スポンサーサイト



  1. 2014/12/16(火) 06:44:41|
  2. MX円谷劇場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2015年、年明けからのMX円谷劇場は『Q』と『ネオQ』の2本立て | ホーム | 仮面ライダードライブ 第10話>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gen68.blog12.fc2.com/tb.php/2001-d19ec0b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

GEN(ゲン)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

近況報告 (179)
買い物 (28)
ダビング (16)
イラスト&コミック (457)
ガンダム&イデオン (73)
サイボーグ009 リデザイン (12)
ベガ(幻魔) リデザイン  (57)
ダイアポロンリデザイン (6)
ゴーディアン リデザイン (46)
アンパンマン考察 (9)
キカイダー リデザイン (14)
作曲、音楽 (30)
ニュース (62)
TV、映画、DVD、CD感想 (2042)
仮面ライダー (686)
MX円谷劇場 (576)
本、コミック感想 (140)
アイドル、タレント (57)
どうでもいい話 (39)
夢、作り話 (6)
未分類 (0)

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード